読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOVIE LOVERS' PLACE

映画の感想などを綴っていきます。

<雑談>マット・デイモンのスピーチ@MIT2016年卒業式の内容・感想

俳優/女優 社会

最近、講義をオンラインで公開している大学が世界で増えていますね。

 

アメリカの有名大の一つであるMITが公開しているコースでも、いろいろな動画が見れます。

 

先日MITの2016年の卒業式で、俳優のマット・デイモンが卒業生に対して行ったスピーチが素晴らしかったので、映画ではありませんがご紹介します。

 

f:id:motoko1077:20160609112551p:plain

 

 

news.mit.edu

 

動画に日本語の字幕がなかったので、内容を簡単にサマリーしました。

 

 

<スピーチの要点>

 

・マットデイモンは以前ハーバード大学に通ってたけど、映画の仕事があって卒業しなかった。なので本日のスピーチが僕にとって二度目の"fake graduation"である

・彼はボストンで育ったので、地元にあるMITは小さな頃から憧れだったし、それがもとで友人のベン・アフレックとともに映画「グッド・ウィル・ハンティング」を撮った

・基本的に私たちの行動が全ての結果を左右すると思っている

・世界には解決するべき問題が沢山ある。移民問題、貧困問題、人種差別問題、政治問題など。僕たちは25年後のEUがどのような姿になっているかすら想像がつかない

・メディアは相変わらず煽動ばかりだし、政治家は重要な問題を先送りしてばかりだ

・銀行システムは人々からお金を盗み、数多くの不正が世界にあることを知っている

・それにお金がたくさんあっても決して僕はそれをリスペクトしない

・「正義」というものが本当に実在するかは疑わしいけれど、問題にキチンと向き合うことが大切だ

・今日は3つの大切なことを君たちに伝えたい

・一つ目は"Turn towards the problems that you see and engage with them." 問題から目を背けてはいけないということだ

ザンビア南アフリカで、貧困やレイプ、教育を受けられない女性たちをたくさん目の当たりにした。それでも彼女たちは尊厳を失わず、前向きだった

・僕たちには当たり前の綺麗な水とトイレがない人が世界中に沢山いる

・そして僕はそこに行ったからこそ、そういう経験ができた。それが大切だ

・二つ目に大切なことは、失敗を恐れないことだ

ベン・アフレックと僕も昔はよく失敗したものだ。彼はよく「僕の悪いアイデアの欠点では無く、良いアイデアの優れた点で僕を判断して欲しい」と言っていた

・(MITの学生に対して)どんなに頭がよくても全ての答えを知っているわけではないし、それでいい。それがチャンスに繋がるのだから

・学ぶことは一生続くし、そこに終わりがないはずだ。例えばいろいろな大学のオンラインコースやTEDにアクセスしてみて欲しい。トランプ大学だって構わないよ

・そして他者の意見を常に聞くことだ。オバマ大統領も「100%正しくても民主主義には妥協が必要な時もある」と言っていた

・三つ目の、全ての問題に科学的な解決策がある訳ではない。科学だけでは解決できないこともある

・今日、この場に居合わせたことに感謝。ここからあなたの世界をベターにするための第一歩が始まるのです

 

 

さすが俳優だけあってスピーチうまいです。ジョークで笑いも取りつつ大切なことを言うって感じですね。

 

 

なんかテキストに起こしたら味気なくなってしまったので、ぜひ動画もご覧になってみて欲しいです。

 

アメリカは多様な人々が暮らしていて、まとまりが付きづらいところもありますが、政治に興味がある人が多いのがいいですね。レオナルド・ディカプリオも環境問題などに熱心で活動を積極的にしています。

 

やっぱり有名人がそういう姿勢を見せることって改めて大切なんだな〜と思いました。日本の俳優も大学でスピーチとかやればいいのに。