読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOVIE LOVERS' PLACE

映画の感想などを綴っていきます。

アル・パチーノとロバート・デ・ニーロが共演した映画『ヒート』の感想など<ネタバレなし>

こんにちは!

 

 

本日の映画はアル・パチーノロバート・デ・ニーロが共演した『ヒート』です。監督はマイケル・マンで、1995年の公開です。

 

 

f:id:motoko1077:20160420123642j:plain

 

 

上演時間は171分です。約3時間ですね。正直「うっ。長い。」と思ってました。何を隠そう私は長い映画が苦手です笑

 

 

ところが!この映画に関しては最後までサラ〜〜っと観れてしまいました。

 

 

もちろん出演者からしてお分かりのように内容は濃いのですが、テンポも良いし映像空間がサラサラっとしているので間延び感は全くありません。

 

 

さてその出演者ですが、アル・パチーノロバート・デ・ニーロです。ゴッドファーザー以来でしょうか。またその周辺もヴァル・キルマージョン・ヴォイトなど演技派俳優がずらりです。役者の演技が良いので長く感じないというのも確実にあります。

 

 

アル・パチーノとロバートデニーロは二人ともこの映画の公開時には50代になっていたのですが、とても渋いです。大御所同士の個性のぶつかり合いという感じではなくて、お互いを高め合っているのがよく伝わってきます。

 

 

ざっくりとしたストーリーとしては、アル・パチーノ演じる警部のヴィンセントと、ロバートデニーロ演じるギャングの頭のニールはライバル関係にあります。そしてある事件をニール率いるギャング一味が起こすのですが、なぜか事前に情報がリークされており…といった感じです。

 

 

www.youtube.com

trailerはこちらです。

 

 

ロバートデニーロに関しては本作でかなりのワルという風貌と雰囲気をたたえています。100人くらいは殺している顔ですね。『タクシードライバー』のときのような壊れそうな繊細さはありません。

 

 

movielovers.hatenablog.com

 

 

ロバートデニーロってどんなにワルの風貌をしていても、どこかに純粋さが残っている印象があります。二重の幅が広いからでしょうか?キョトンとした目つき。『ヒート』のニールも自然と応援したくなるし、感情移入しまくってしまいました。

 

 

途中からどうしても元K1選手の角田選手に見えてしまったのですが。笑 

 

f:id:motoko1077:20160420125844j:plain

 

この映画の一番好きな点はラストですね。引き伸ばしなしでスパッと終わります。それも誰もが納得できるセリフを残して。シンプルだけに色々な意味が込められていて、さすが!といった終わり方です。

 

 

男として決めるときは決めるし、自分に課した掟は守らなければならないんですね。そのためにどんなに幸せが犠牲になっても。このへんの描写がかなりグッときました。

 

 

果てしてヴィンセントの運命はいかに。そしてニールとのライバル対決の行方は。

 

 

まだの方はぜひチェックしてみてください。