ポランスキー監督『おとなのけんか』の上映時間80分は長い人には長いし、短い人には短い。<ネタバレあり>

ポランスキー監督『おとなのけんか』の感想です。原題の方は"Carnage"で、意味は「虐殺」です。また公開は2011年です。 監督はロマン・ポランスキーです。ポランスキーといえば『チャイナタウン』や『戦場のピアニスト』など数々の名作を残している映画監督ですね。 ポランスキーって、まず自分の生涯がかなり壮絶でドラマ…