読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOVIE LOVERS' PLACE

映画の感想などを綴っていきます。

『コーヒーをめぐる冒険』の感想<ネタバレあり>

ドイツの映画『コーヒーをめぐる冒険』の感想です。 2012年公開の白黒映画です。 監督&脚本はヤン・オーレ・ゲルスターです。 原題は『Oh Boy』です。 その名の通り、主人公のニコの踏んだり蹴ったりの日を描いた映画です。 教習所で教官に逆ギレされる・・…

ベルイマン監督『仮面/Persona』の感想<ネタバレあり>

イングマール・ベルイマン監督の『仮面/Persona』の感想です。 この映画は1966年に公開されたスウェーデンの映画です。 ビビ・アンデショーン演じるナースのアルマと、リヴ・ウルマン演じる女優のエリザベートが登場する映画です。二人の女性以外にも登場人…

BBCドラマ『London Spy』の感想<ネタバレなし>

映画ではありませんが、BBCのドラマ『London Spy』の感想です。 2015年に放送されたシリーズで、現在1シーズン、5話が公開されています。 主人公は同性愛者のダニー(写真右)で、彼を中心にいろいろな出来事が巻き起こるミステリー系のドラマです。LGBT要素…

ベルイマン監督『夏の遊び』の感想など<ネタバレあり注意>

こんばんは。本日はイングマール・ベルイマン監督『夏の遊び』の感想です。 この映画は1951年に公開されたスウェーデン映画です。 長年バレリーナとして活躍してきたマリーは、その美貌にも関わらず、ずっと独身です。周囲は彼女がなぜ独り身を貫くのか、聞…

ベルイマン監督作品『野いちご』の感想など<ネタバレなし>

こんにちは。 本日の映画は『野いちご』です。監督はベルイマンです。 公開は1957年のスウェーデンの映画です。 ざっくりとしたストーリーとしては、学会での名誉学位授与式に向かうために車の旅をしている主人公イーサクの記憶と幻想でつむがれるヒューマン…

ベルイマン監督作品『夏の夜は三たび微笑む』の感想や私見など<ネタバレなし>

こんにちは。本日の映画は『夏の夜は三たび微笑む』です。 イングマール・ベルイマン監督作品で、公開は1955年です。スウェーデンの映画です。 このブログでは『冬の光』につづくベルイマン作品のご紹介です。 movielovers.hatenablog.com ベルイマン作品っ…

アキ・カウリスマキ監督『ラヴィ・ド・ボエーム』の感想など<ネタバレなし>

こんにちは。GWの終焉とともにあっという間に頭が切り替わったもとこです。月曜日から雨というのも雰囲気作りにいいですね。 バケーションの日々よ、さようなら〜(/ _ ; ) バケーションといっても普段通りワンコと過ごして、コーヒー飲んで、友達とお酒飲ん…

イングマール・ベルイマン監督『冬の光』の感想など<ネタバレあり>

こんにちは。 私が最近kindleで一気読みしてしまった本がこちらです。 『円高の正体』(光文社新書) Amazon.co.jp: 円高の正体 (光文社新書): 安達誠司: 本 作者は安達誠司さんです。2012年に発売された本で、その頃1ドル=80円前後であった円高の理由など…

ポランスキー監督『水の中のナイフ』の感想など<ネタバレなし>

こんばんは。だんだん夏のような気候の日が増えていますね^^ 本日の映画は『水の中のナイフ』です。 公開は1962年で、ポーランドの映画です。監督はポランスキーです。 ポランスキーはポーランド人の両親のもとにフランスのパリで産まれました。父親がユダ…

映画『バグダッド・カフェ』の感想など<ネタバレなし>

こんにちは。 ゴールデンウイークですがみなさんいかがお過ごしでしょうか。今日は平日なのでお仕事の方も多いかもしれませんね。 実はわたしは今日が誕生日です。ありがたいことにのんびり過ごしております^^ 本日の映画は『バグダット・カフェ』です。原…

カウリスマキ監督『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』に登場する脱力系バンドがゆるすぎる。<ネタバレなし>

こんにちは。 本日の映画はカウリスマキ監督の『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』です。 フィンランドでの公開は1989年です。 レニングラード・カウボーイズというバンドが、ロシアから新天地を求めてアメリカとメキシコを旅する物語です。 …

アキ・カウリスマキ監督『マッチ工場の少女』の感想など<途中からネタバレあり!注意>

こんにちは。東京は風はあるもののあったかくて日差しも強めの日ですね。思わず半袖着てきたもとこです。 さてさて、本日ご紹介したいのではカウリスマキ監督の『マッチ工場の少女』という映画です。公開は1990年。68分と短めの作品です。 こちらの主演はカ…

アキ・カウリスマキ監督『罪と罰』を観た感想など<途中からネタバレあり!注意>

こんばんは〜。 麗らかな春の日ですね。関東は今日は比較的暖かいです。でも完全にあったかい!って感じではなく、少し空気がウェットでひんやり感も残ってます。 こういう気候の日の夜に、さらっと軽い上着に歩きやすいフラットシューズでヘッドフォーンで…

ペドロ・アルモドバル監督『私が、生きる肌』の感想など<ネタバレあり!注意>

こんにちは。 今日ご紹介する作品は映画『私が、生きる肌』です。2011年公開のスペインの映画です。 監督はペドロ・アルモドバルです。『トークトゥーハー』『オールアバウトマイマザー』『ボルベール<帰郷>』『抱擁のかけら』などなど多数手がけている監…

ポランスキー監督『おとなのけんか』の上映時間80分は長い人には長いし、短い人には短い。<ネタバレあり>

ポランスキー監督『おとなのけんか』の感想です。原題の方は"Carnage"で、意味は「虐殺」です。また公開は2011年です。 監督はロマン・ポランスキーです。ポランスキーといえば『チャイナタウン』や『戦場のピアニスト』など数々の名作を残している映画監督…